History

禁酒法時代から初代オーナーBarton Browne Founder氏が自宅で隠れ酒場として

開業し、1953年にシカゴにて本格的会員制BAR「ガスライトクラブ」をオープン。

会員には、エリザベステーラーや財界のトップクラスの名前が連なり、

当時の反響ぶりが想像つく・・・

jpg変換済_ページ_4 縮小

会員の方には鍵をお渡しし、それをお持ちでないと店内に入れない仕組みをその当時作り

上げました。 残念な事に、プレイボーイの社長が1956年の雑誌「プレイボーイ」

11月号にて特集を組み、その後、自らも同じく会員制の「プレイボーイクラブ」を

オープンさせ「ガスライトクラブ」に影響を及ぼした。その後、4度の移転をシカゴ市内

にて繰り返し、現在はシカゴオヘア空港内、ヒルトンホテルにて唯一営業が続いている。

jpg変換済_ページ_3 縮小

  絶頂期には、パリやNYにも出店し、その流れで昭和30年代初頭に、日本の狸穴

(現在の麻布台)にもオープンする。当初は会員制レストランバーとして海外のお客様が

多く、生バンドの演奏、ラグジュアリーな空間を提供していた。

その後、オーナーも変わり、昭和63年にクローズを余儀なくされる。

しかし、平成元年にBARの形態のみを残し、霞ヶ関にリニューアルオープン。

数々のカクテルコンペティションにて日本チャンピオンを輩出し、現在、

霞ヶ関本店、銀座店、四谷店と歴史を継承している。

※映像の中に現在のガスライトクラブが登場しますが、

現オーナーの井口がシカゴを訪れた際の映像です。